おかげさまで創業60周年 60th Since 1952
子供たちの明るい未来のために
MENU
instagram twitter facebock

2020年04月29日

9月新学期

 コロナ自粛が続いていますが、新規感染者は減ってきているようです。
まだまだ安心はできないですが、指数関数的に激増している時はこのまま欧米のような
感染爆発が起きると危惧されていましたが、自粛活動が一定の成果を上げてきているの
は間違い無いでしょう。

 新型コロナウィルスについて毎日、色々な説が飛び交っていますが太陽光に弱く、高温
多湿では感染力が弱くなるという説が注目されています。シンガポールや今まで夏だっ
たオーストラリアでも感染が目立っていたので1ヶ月前までは夏でもおさまらないだろ
うと言われていました。
それでも、北半球と南半球および赤道直下を比較すると感染の広がり方には大きな差が
あるように感じます。この説が正しければ、これから夏になるアメリカ、ヨーロッパで
は感染がおさまっていき、オーストラリアなど南半球では感染が広がっていくことにな
るのですが、できれば南北関係なく世界中で収束してほしいものです。

 そんな中で昨日、全国の知事から9月を新学期スタートにする意見が出されました。
その時は、いろんな意見があるんだなと聞き流していましたが今日のニュースでは安倍
総理も「検討していく」と語るなど一気に前に進みそうな雰囲気になってきました。
国際的にも9月から新学年となるのが一般的なので、将来はそう変えるべきであるとい
う意見は昔から出ていましたが、こういう非常事態でないと先送りされてなかなか前に
進まないので、可能であればやるべきだと私は思いました。

 実現に向けては、これから色々解決しなければならない問題があると思いますが、
このままではオンライン授業のできる学校とそうでない学校の学力格差が一気に広がっ
てしまいますので、政治の力でなんとかしないといけない領域です。桜の季節の入学式
がなくなるのは惜しい気がしますが、卒業して夏休みを謳歌して新しい環境に挑戦して
いくのもきっと悪くないと思います。前向きな議論に期待したいと思います。