おかげさまで創業60周年 60th Since 1952
子供たちの明るい未来のために
MENU

2018年04月01日

新年度

 今日から4月がスタートです。明日は新入社員の初出社、入学式といったフレッシュな光景がそこかしこで見られる1日になりそうですね。桜は散り始めていますが、全国のお天気も良さそうで何よりです。

 当社におきましては、家具業界の繁忙期3月を無事に終えれたことを、皆様方に深く感謝いたします。
 私ども公共家具の業界は官公庁の期末、学校の春休み、大手企業の決算が集中する3月が1年で一番忙しい月になります。平均的な月の2倍の売上となるこの時期は、残業も頻繁に発生し、働き方革命にはほど遠い状態となります。
 雪が積もる中、車で毎日通勤し、残業で遅くに帰宅する生活を2ヶ月以上続けてくれた社員達には本当に感謝の言葉しかありません。

 一方で供給能力を上回るお客様のご注文に対して、3月中に納品することができず、お待たせしましたこと深くお詫び申し上げます。まだまだ力不足ではございますが勤勉な社員達と一緒に、お客様のご期待に答えられるよう日々レベルアップに努めて参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 さて、新しい希望に満ち溢れた季節が到来したのですが、政治経済では明るい話が出てきません。森友学園の文書改ざん問題が引続き取りざたされています。野党側としては、せっかく安倍政権が失態をしでかしてくれたので追求するチャンスなのですが、今の野党支持率では解散総選挙になったら勝てないとのことで、追求しすぎてもいけないと思っているそうです。本当だとしたら大変残念なニュースです。

 円高と株安で日本経済の先行きも黄色信号になってきています。アメリカの輸入制限措置も日本は除外されずという状況です。不正をしたことについては、きちんと処分を受けないといけませんが国民の生活を良くするために議論する国会で何日も時間を割くのは、少し違うのではないかと思います。

 桜満開の中、新入社員、新入生、新学年が明るい笑顔でスタートできるよう明日の朝刊が良いニュースで溢れていることを願っています。